スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京地検特捜部と小沢氏側、水面下の攻防(読売新聞)

 東京地検特捜部と小沢氏側との間では、この日の事情聴取までに水面下の攻防が続いていた。

 検察当局は、陸山会の土地購入を巡る問題が発覚した当初、小沢氏本人の聴取には慎重な構えを見せていた。「本人が土地取引にどのように関与していたのか、よく分からない」(検察幹部)というのが理由だった。

 これを変えたのが、同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)(民主)の任意段階の供述。昨年末の事情聴取に「土地購入費用に充てた現金4億円は、小沢先生から受け取った」などと述べたことから、検察内部で「事件の解明には小沢氏からの聴取は不可欠」との流れが固まった。

 年明けの今月5日、特捜部は、通常国会が18日に始まるという政治日程に配慮し、1週間程度の間に任意の参考人聴取に応じるよう弁護士を通じて要請した。

 これに対し、小沢氏側は「捜査の展開が分からず、現段階で聴取に応じるメリットはない」などと要請に応じず、同会会計責任者だった公設第1秘書の大久保隆規被告(48)も、任意の聴取に1度応じただけでその後は拒否に転じた。

 このため検察当局は「任意捜査で解決するつもりだったが、協力がないなら、強制捜査しかない」(検察幹部)と方針を転換。特捜部は13日、関係先の一斉捜索に着手し、15日から16日にかけて石川容疑者ら3人を逮捕した。

 小沢氏は16日の党大会で、「断固として毅然(きぜん)として自らの信念を通し、闘っていく」などと対決姿勢を鮮明にしたが、先週初め頃になって姿勢が変化した。各種世論調査で内閣支持率が急落し、夏の参院選への影響を懸念する声が上がり始めたためだ。

 結局、小沢氏側は特捜部の要請を受け入れることを決め、日程調整の結果、国会審議のない土曜日の午後を選んで事情聴取に応じることになった。

法科大学院14校、中教審が「問題あり」(読売新聞)
財政難でも「全国2位」 平松市長ら 給料据え置き(産経新聞)
石川議員らの拘置延長=小沢氏団体事件-東京地裁(時事通信)
専門家委、来週中にも初会合=3プロジェクトチームも設置-政府税調(時事通信)
足利事件 テープ再生 「虚偽自白」生々しく(産経新聞)
スポンサーサイト

17年の4億「分からぬ」 小沢氏供述、不正資金が原資?(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、小沢氏が東京地検特捜部の任意聴取に対し、平成17年3月に衆院議員、石川知裕(ともひろ)容疑者(36)に預けたとされる4億円の原資について、「分からない」と供述していたことが28日、関係者への取材で分かった。石川容疑者も「詳しく思いだせない」と説明。特捜部は2人の供述は不自然として、17年の4億円もゼネコンなどからの不正資金が原資となっている疑いがあるとみて調べを進めている。

 小沢氏は23日の聴取後に配布した書面で、16年10月に購入した土地代金の原資4億円について、土地購入時に個人事務所に保管していた自己資金4億数千万円の中から貸し付けたと説明した。小沢氏の説明通りなら、土地購入後、小沢氏の手持ち資金は数千万円しか残っていないことになる。

 ところが、石川容疑者は17年3月にも小沢氏から4億円を預かったと供述。関連政治団体を経由させるなどして陸山会の1口座に集約した後、小沢氏の要求で5月に全額を引き出して返していたという。この4億円も政治資金収支報告書に記載されていない。

 関係者によると、特捜部が17年の4億円の出どころについて、小沢氏にただしたところ「分からない。知らない」などと供述。石川容疑者も「詳しい経緯は思いだせない」と供述する一方、接見した弁護士に「分からないから困っている」と話しているという。

 事件をめぐっては、水谷建設元幹部らが、16年10月と17年4月に国発注の胆沢(いさわ)ダム(岩手県)工事受注の謝礼として、小沢氏側に計1億円の裏献金を渡したと供述している。

 特捜部は4億円もの資金について「分からない」とする小沢氏と石川容疑者の供述は不自然とみており、17年の4億円についても不正資金が原資になった疑いがあるとみている。

<山崎前副総裁>引退へ 参院選で自民公認難しく(毎日新聞)
平野長官発言で解決困難に=自民幹事長(時事通信)
アザラシひょっこり、旭山動物園に「流氷広場」(読売新聞)
阪神大震災援護金“借り得”許すまじ 滞納者に返還求め訴訟へ(産経新聞)
全焼の車そばに1遺体(産経新聞)

<警官発砲死>遺族の請求棄却、未必の殺意認める 奈良地裁(毎日新聞)

 奈良県大和郡山市で03年9月、警察官が窃盗容疑で追跡中の乗用車に拳銃8発を発砲、うち2発が命中した高壮日さん(当時28歳)が死亡した事件を巡り、高さんの遺族が発砲は違法だとして県と警察官4人に計約1憶1700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が27日、奈良地裁であった。宮本初美裁判長は正当防衛を認め、請求を棄却した。一方で、警察官の未必の殺意を認めた。

 訴えたのは母親の金順得さん(72)=東大阪市。宮本裁判長は「警察官や一般市民に危害が加えられかねない切迫した状況にあった」としたが、「8発すべてが至近距離からで、人を殺害する可能性があることを認識していた」と認めた。弁護団によると、警察官の発砲を巡る訴訟で、未必の殺意が認められるのは異例という。金さん側は控訴する方針。

 判決によると、03年9月10日午後6時45分ごろ、同県大和郡山市下三橋町の国道24号交差点で、同県橿原市から一般車両と衝突しながら逃走した乗用車に向け、警察官3人が拳銃を計8発発砲。助手席にいた高さんに2発が命中、高さんは同年10月5日に死亡した。【高瀬浩平、大森治幸】

不審火で自宅全焼…女子中生に「殺す」と脅迫、龍谷大生を逮捕(産経新聞)
関西2府5県広域連合誕生へ 「道州制」モデルケースに発展か(J-CASTニュース)
コンクリート塊落下、駅女子トイレ天井突き抜け(読売新聞)
【鉄道ファン必見】引退の花道、デハ702「さよなら運転」 銚子電鉄(産経新聞)
名護市長選 移設反対派の稲嶺氏が当確(産経新聞)

まるで母娘旅行!24日から真剣5番勝負…女流名人位戦(スポーツ報知)

 将棋の「ユニバーサル杯第36期女流名人位戦」5番勝負=報知新聞社主催=が24日、開幕する。清水市代女流名人(女流王位、女流王将=41)と初挑戦の里見香奈倉敷藤花(17)は23日、第1局が行われる山梨・山中湖村のホテルマウント富士に入り、顔を合わせた。

 「あこがれの女流名人位戦、そして清水名人と対局できるだけで、うれしい。楽しみです」決戦の舞台に感激する高校3年生の里見を、2世代上の清水はまるで保護者のようにエスコート。対局場検分で立会人の豊川孝弘7段から「どうですか名人」と振られると、すぐさま「どうですか藤花」と里見に視線を送る余裕を見せた。

 取材陣に清水は「女流名人になったばかりなので、分からないわ」と微笑。通算10期の大名人は、「若い挑戦者なので、私も新鮮な気持ちで臨みます」と昨期、矢内理絵子女王から奪回したばかりの1期目という心境を強調した。写真撮影でも、里見に合わせてVサイン。里見からも終始、自然な笑い声がもれるなど、激しい勝負の前とは思えない和やかさだった。

 ◆ネット中継 女流名人位戦5番勝負は、スポーツ報知と日本将棋連盟が運営する「ユニバーサル杯女流名人位戦中継サイト」(http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/)で中継される。


 【関連記事】
清水女流名人、若い棋風に触れ新しい自分出す…女流名人位戦5番勝負
里見倉敷藤花、目標のタイトル初挑戦 落ち着き楽しく…女流名人位戦5番勝負
女流名人位戦 清水市代 女流名人 を調べる

「指揮権発動、一般論としてある」…千葉法相(読売新聞)
NSTが病院の増収に(医療介護CBニュース)
輸入新型ワクチン、初回出荷は山梨のみ(医療介護CBニュース)
石川議員「起訴されないこと望む」=現時点で処分検討せず-鳩山首相(時事通信)
<私立中学校>愛知県内で入試始まる 23日は9校で実施(毎日新聞)

元選対幹部に懲役2年求刑=民主小林氏陣営選挙違反-札幌地裁(時事通信)

 昨年の衆院選で当選した民主党小林千代美議員=北海道5区=陣営による選挙違反事件で、公選法違反罪に問われた山本広和被告(60)の論告求刑公判が22日、札幌地裁(辻川靖夫裁判長)であった。検察側は、2003年の札幌市議選から同様の行為を繰り返すなど、「常習的犯行の一環」として、懲役2年を求刑した。
 被告側は公示前に小林氏のリーフレットを送るために電話をかけたのは選挙運動に当たらないと主張したが、検察側は総選挙が迫る中で電話をかければ「小林氏の知名度が上がり、支持者が増える可能性がある」と指摘、実質的な運動に該当するとした。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

<笠松競馬>最高2億円も 「五重勝単勝式」の勝馬投票券発売--来月7日から(毎日新聞)
いつも仲良し、ヒツジの「にっき」と「まっちゃ」 京都市動物園(産経新聞)
センター試験開始へ=55万人が挑む(時事通信)
<足利事件再審公判>聴取テープを再生 菅家さん否認の別件(毎日新聞)
マイレージは保護、優待券も有効=ツアーは通常通り-日航更生法申請(時事通信)

<オバマ大統領>「広島に行きたいと思う」 秋葉市長と面会(毎日新聞)

 【ワシントン草野和彦】広島市の秋葉忠利市長は21日、米ホワイトハウスを訪問し、オバマ大統領と面会した。市長によると、「ぜひ広島市においでください」と話したところ、大統領は「行きたいと思います」と即答した。市長は、大統領を広島に招待する親書もホワイトハウスの担当者に渡したが、訪問時期など具体的なやりとりはなかった。

 オバマ大統領はホワイトハウスで、秋葉市長が招待された全米市長会議のメンバー約200人を前に演説。終了後、市長は壇上の大統領と握手し、言葉を交わした。周囲には多くの人がいたが、「『広島市長』と言うと、大統領はすぐに気がついてくれた」という。「核兵器のない世界」を目指す大統領の被爆地訪問の可能性について、市長は「(大統領の言葉を)素直に受け取った」と述べた。

 オバマ大統領は今年11月、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議出席のため来日する。秋葉市長はその際の広島招待が「一つの自然なやり方」と話す一方、米国内に大統領の広島訪問を批判する声があることにも言及し、「すべての人が祝福する形で、『核兵器のない世界』を作るのに役立つ時に来ていただくことが大事だ」と指摘。訪問時期は大統領側に一任するのが適切との考えを示した。

 秋葉市長はワシントン訪問に先立ち、核兵器廃絶を目指す「平和市長会議」に加わる都市が急増している中米のニカラグアを訪問。オルテガ大統領とも会談した。

<人事>最高裁(15日)(毎日新聞)
課税停止、160円程度で調整=ガソリン税の特別税率-政府税調(時事通信)
市役所に迷惑メール20万通、兄弟を逮捕(読売新聞)
安保改定50年で鳩山首相談話「同盟深化、年内に成果」(要旨)(産経新聞)
<消費税>鳩山首相「4年間は行わず」 歳出の見直しに努力(毎日新聞)

自民・青木氏が出馬表明(時事通信)

 自民党の青木幹雄前参院議員会長(75)は18日午後、松江市で記者会見し、夏の参院選に島根選挙区から出馬することを表明した。これに先立ち、党島根県連は同日の選挙対策委員会で青木氏の擁立を決めた。青木氏は5選を目指す。 

【関連ニュース】
「名工」三村氏、アディダスと契約=陸上シューズなど開発
山崎氏ら公認せず=参院選、青木氏は出馬へ
参院選挙区20人を公認=現職中心
タクシーの最高乗務距離制限、合理性なし=エムケイ社長
12機関26人を提示=国会同意人事

民主党、党大会で参院選1次公認候補の発表を見送り(産経新聞)
脳卒中 早い受診で後遺症防いで(産経新聞)
首相動静(1月22日)(時事通信)
「借りたカネは返すな!」著者 脱税指南容疑で逮捕(産経新聞)
<無登録営業>東京の投資会社を家宅捜索(毎日新聞)

山崎建設、宮本組を捜索 特捜部、小沢氏土地購入事件で(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は19日午前、重機土木会社「山崎建設」(東京都中央区)を家宅捜索した。兵庫県姫路市の中堅ゼネコン「宮本組」にも捜索に入ったもようだ。

 いずれも、胆沢ダム(岩手県奥州市)の工事の下請け業者。

 同事件での捜索は、13日の陸山会事務所や石川知裕容疑者(36)の衆院議員事務所、鹿島本社などに続き2度目。

【関連記事】
小沢氏の聴取応諾「連絡ない」 首相
小沢氏説明の銀行出金は原資に足らない3億円 聴取応じる意向
「天の声」期待 秘書を接待漬け “実弾”攻勢
産経新聞・FNN世論調査 加速する民主離れ
本当に会ったことない? 石川容疑者事務所から水谷元幹部の名刺押収

<衆院予算委>2次補正21日から質疑 月内成立の公算大(毎日新聞)
旧知の議員に「死にたい」 石川容疑者、不安漏らす(産経新聞)
民主、広がる動揺=小沢氏進退、口つぐむ(時事通信)
両陛下、交通安全中央大会にご臨席(産経新聞)
三重・輸送車2億円強奪 情報提供の日通元社員に有罪判決(産経新聞)

「大寒」なのに体感は春、早くも梅が開花(産経新聞)

 一年で最も寒いとされる二十四節気の一つ「大寒」の20日、日本列島は移動性高気圧に覆われて午前中から気温が上がり、大阪市中央区の大阪城公園では早くも梅の花が咲き始め、暦とは裏腹に春の陽気に包まれた。

 大阪管区気象台によると、大阪市内の最低気温は3月上旬並みの4.0度。最高気温は平年より8度も高い4月上旬並みの17度と予想されている。兵庫県洲本市でも、最低気温が5.2度と3月下旬並みの暖かさとなった。

 大阪城公園の天守閣東側の梅林では、早咲きの梅がちらほらと花をつけ、観光客らがコートを脱いで散策する姿もみられた。この陽気は21日ごろまで続き、その後は冬型の気圧配置となり平年並みの寒さに戻るという。

【関連記事】
日本一早咲きの桜、沖縄の寒緋桜が見ごろ
ふんどし姿の奇祭「湯かけ祭り」 八ツ場ダム水没予定地
“黒いスズメ”天保山に出没し話題に 大阪
復元運行決定のSL「C61」、修復作業に向け搬出 群馬
北海道でパラシュート降下訓練 陸自第1空挺団

小沢幹事長、全国地方代議員会議に出席(産経新聞)
ズボンの下…刃物の柄を見せ「金を出せ」 大阪・茨木のコンビニ(産経新聞)
<阪神大震災>09年の孤独死62人(毎日新聞)
24日に住民と意見交換=八ツ場ダム中止問題で-前原国交相(時事通信)
<陸山会土地購入>石川議員「水谷建設元幹部と会ったかも」(毎日新聞)

世界遺産 政府が平泉と小笠原諸島の推薦を決定(毎日新聞)

 政府は18日、世界遺産条約関係省庁連絡会議を開き、中尊寺など平泉の文化遺産(岩手県平泉町)を世界文化遺産に、小笠原諸島(東京都)を世界自然遺産に推薦することなどを正式に決定した。昨年9月に連絡会議が決定した暫定推薦書を専門家らが検討し、正式な推薦書が決定された。2月1日までに国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦書を提出する。

【写真特集】光り輝く中尊寺金色堂の内部をさまざまな角度からみる…08年「落選」の背景も

 今年夏から秋ごろ、平泉については国際記念物遺跡会議(イコモス)、小笠原諸島については国際自然保護連合(IUCN)による現地調査が行われ、11年夏の世界遺産委員会で登録の可否が審議される。

 平泉は08年に国内候補地で初めて「落選」となる登録延期となったが、前回の構成資産九つのうち一関市の遺跡など3カ所を除外して絞り込み、再度の挑戦となる。

 また、連絡会議では、世界文化遺産の石見銀山遺跡(島根県)の範囲について軽微な変更を行う申請書をユネスコに提出することも決めた。07年の世界遺産登録の際、イコモスが景観の一体性に基づき勧告した範囲の拡大などに沿い、文化財に指定する作業が終了したことを受けたもの。【本橋和夫】

【関連ニュース】
【写真特集】小笠原諸島 美しい海と自然、日本返還の貴重な写真も
【写真特集】小笠原の動植物をみる 島にしかいない貴重なものも…
【写真特集】日本の世界遺産をみる
【写真特集】軍艦島:近代化支えた海上都市 世界遺産めざし整備

暴力団も書きこんでいる? 組長が2ちゃん利用告白(J-CASTニュース)
遺体を発見=行方不明の元社長か-栃木の廃校跡井戸で・鹿児島県警など(時事通信)
首相の「どうぞ闘って」に不見識・不用意と批判(読売新聞)
<社民党>生き残りに危機感 福島氏に不満も(毎日新聞)
橋下知事提案「大阪版・事業仕分け」スタート(読売新聞)

毎日新聞 編集綱領制定記念のつどい…東京(毎日新聞)

 第23回毎日新聞社編集綱領制定記念のつどい「日本が変わる、報道が変わる-検証・政権交代」(毎日新聞労働組合など主催)が11日、東京都千代田区の毎日ホールで開かれた。昨年の政権交代を踏まえ、シンポジウム形式で政治報道の果たすべき役割を考えた。

 パネリストは、民主党・副文部科学相の鈴木寛▽自民党・前厚生労働相の舛添要一▽ジャーナリストの上杉隆の3氏。与良正男・毎日新聞論説委員がコーディネーターを務めた。

 政治報道のあり方について、鈴木氏は「政局の動向が重視されるが、政策への関心が薄い。メディアが論議の場を提供してほしい」、舛添氏は「過去の政権批判、官僚依存の報道を脱し、政権交代をきっかけに自己改革を進めてほしい」と求めた。上杉氏は「海外主要紙の東京支局の縮小・撤退が相次いでいるが、取材時の記者クラブの閉鎖性が原因と思う」と記者クラブ改革を訴えた。

【関連ニュース】
毎日新聞:発行物一部を研究機関に寄贈 大阪で搬出作業
中部写真記者協会賞:毎日新聞・竹内幹記者がグランプリに
訃報:丸谷亘さん76歳=前毎日書道会専務理事
毎日新聞:大関・魁皇関を表彰…幕内在位98場所新記録で
毎日スポーツ人賞:GPにWBC日本代表チーム…表彰式

<民主党>「社会的弱者」団体相次いで陳情 政権交代効果で(毎日新聞)
こんにゃく入りゼリー「餅に次ぐ窒息事故頻度」(読売新聞)
閣内でも認識にズレ 「円安発言」首相は慎重論、菅氏は容認(産経新聞)
「腹腔鏡下根治的膀胱全摘除術」を承認―先進医療専門家会議(医療介護CBニュース)
「囲碁やって忙しいのか」=自民政調会長、小沢氏を批判(時事通信)

地域づくり総務大臣表彰(産経新聞)

 全国各地で魅力ある地域づくりに貢献した個人や団体をたたえる「地域づくり総務大臣表彰」が12日、千代田区のホテルで行われ、江戸川区の「すくすくスクール事業」が地方自治体部門で大臣表彰に輝いた。

 大臣表彰を受けたのは全国で4自治体。同事業は73の区立小学校で放課後の教室などを使い地域住民がスポーツなどを通じて児童の面倒をみる学童クラブのようなもの。式で表彰状を受け取った多田正見区長は「地域の協力を得て大きな成果をあげています」と話した。

 

クールビズ廃止を要望=夏の業績低迷で小沢環境相に-ネクタイ業界(時事通信)
次期通常国会への提出法案を説明-厚労省政策会議(医療介護CBニュース)
<業務上横領容疑>名古屋保育園連元事務員を逮捕 愛知県警(毎日新聞)
<水俣病未認定患者>国も和解協議へ 環境相(毎日新聞)
<自民党>参院選に74歳の片山氏擁立 若手の反発は必至(毎日新聞)

傷害 登校中の女子中学生切られる 後ろから男に 愛知(毎日新聞)

 7日午前7時半ごろ愛知県一宮市千秋町佐野の路上で、同市の中学3年の女子生徒(15)が後ろから近づいてきた男に包丁のようなもので左手を切られた。女子生徒は2週間の軽傷。男は逃走し、県警一宮署が傷害容疑で行方を捜している。

 同署によると、女子生徒が登校中に1人で路上を歩いていた時、男が後ろから小走りに近づいてきたらしい。女子生徒が足音に気づいて振り返ると、持っていた刃物を生徒のスカートに近づけようとしたため、左手で振り払おうとして切られたという。生徒はその後、待ち合わせた友人と登校し、学校が同署に通報した。男は30~40歳くらいで、身長約180センチの中肉。青いジャージーに黒いズボン姿だった。【福島祥】

【関連ニュース】
<生徒が被害>傷害:友人の女子高生に16時間暴行容疑…少女3人を逮捕
<生徒が被害>わいせつ教諭:女子生徒100人を撮影 兵庫県警が逮捕
<刃物男>銃刀法違反:鶴舞線庄内通駅に包丁?を持った男 そのまま逃走--名古屋市営地下鉄
<刃物男>殺人:元交際相手刺し死なす 容疑の20歳男逮捕 札幌
<包丁窃盗>計62本 量販店4店で相次ぎ 神戸

バリバリ営業マンでがんばるぞ
島民魂
現金化
クレジットカード現金化 即日
債務整理無料相談

2遺体は瀬谷さんと孫の朱莉ちゃん 群馬の3人死亡火災(産経新聞)

 群馬県桐生市で9日未明、自営業、瀬谷光司さん(59)方が全焼し、3人が死亡した火災で、県警大間々署は10日、焼け跡から見つかった男性と子供の遺体が、歯型などから、瀬谷さんと、孫の高田朱莉(あかり)ちゃん(6)と判明したと発表した。同署は、台所付近から出火したとみて、詳しい出火原因を調べている。

 同署によると、瀬谷さんは妻の美和子さん(60)と2人暮らしで、出火当時、幼稚園に通う朱莉ちゃんが遊びに来ていた。美和子さんは搬送先の病院で死亡が確認され、瀬谷さんの遺体は居間付近で、朱莉ちゃんの遺体は寝室付近で見つかっていた。死因の特定を急いでいる。

【関連記事】
群馬の民家火災 6歳園児不明に言葉失う
「新年早々ひどいことに」母娘は前日ディズニーランドに… 大田区の3人死亡火災
「ライターで火を付けたら引火」死因は一酸化炭素中毒 東京・荒川の6人死傷火災
祖母と孫?計3人、民家火災で死亡 岡山
小1男児焼死の火事 放火容疑で53歳男を逮捕

看護師の仕事はプライドが大事!
えいじのブログ
クレジットカード現金化
競馬サイト
クレジットカード現金化

【キブンの時代】第1部 考えはどこに(7)他人の意見「コピペ」(産経新聞)

 ■ネットで作られる群集心理

 神奈川県の会社員、小野田信行(31)=仮名=は仕事から帰ると、パソコンでインターネット巨大掲示板群「2ちゃんねる」をのぞくのが日課になっている。その日のニュースなどについて一般のネットユーザーがコメントを書き込むネット上の掲示板群。その中に、批判や揶揄(やゆ)の書き込みが殺到する「祭り」がないかチェックするためだ。

 タレントの不祥事、政治家の失言、一般人の非常識な行動…。祭りのネタは尽きない。書き込みは匿名が原則。1つの掲示板に多いときで数万人がアクセスすることもあり、サイバー空間での“群衆”を形成している。そこに小野田も参加するのだ。

 「多くのユーザーがいる掲示板で、うまい書き込みをして、自分と同じようなユーザーに喜んでもらえると気持ちがいい」。仕事や私生活に不満があるわけではないが、「ネットに“いる”ときの方が楽しい」と打ち明ける。

 小野田は自分のことを「ネト充」と呼ぶ。リアル(現実)よりネットで精神的に充実していることを指すネット用語だ。いわゆる引きこもりをイメージしがちだが、普通の社会生活を送っている会社員や大学生でも、現実の生活よりネット上での“生活”に比重を置いていれば、ネト充と呼ばれる。リアルとネットを行き来しながら、ネットで気分よく生活している。

                  ◆◇◆

 引きこもりやオタクに詳しい精神科医の斎藤環(48)は「ネト充は頭がよく、仕事上のコミュニケーションはできる人も多い。しかし、リアルでプライベートな人間関係を築くのがあまりうまくない。リアルで吐けない意見をネットに書き込み、認められると充足感が高い」と話す。

 考えてもいないことを書き込むケースもある。

 茨城県の大学3年、三宅陽一(21)=仮名=は昨年4月、ある男性アイドルの不祥事をネタにした祭りに参加した。このアイドルに特に関心があったわけではない。「祭りが大きくなればなるほど、参加していることを誇らしく感じた」からだという。

 「実際に思っていないことでも、スレッド(掲示板)に特有のパターンがあり、それに合わせて気分で書き込んでしまう」と、関西学院大助教(社会学)の鈴木謙介(33)は分析する。

 考えなくても気分で発信できるのは「ネットは匿名性が高いため」と話すのは、中央大大学院助教(情報社会学)の折田明子(34)。「名乗らない環境では自分で考えなくなり、周囲と同じようにすることが気持ちよくなる」と解説、ネットの群集心理が気分のままの書き込みを後押しするという。

                  ◆◇◆ 

 日常生活でインターネットを使うネット人口は今や9千万人といわれる。世界中の話題が俎上(そじょう)に載り、さまざまな考えが書き込まれ、家にいながらにして多くの声に触れることができる。

 「そう思うことに危うさがある」と折田は警告する。

 「ネットを見ていると、結局はネットの中の大勢が作り上げた気分に乗ってしまいがち。乗せられて書き込んでいるうちに自分が考えたことだと思い込むようになり、その気分のままに現実の世界で話したり行動したりするようになる。実際には、他人が考えたことを選択させられたにすぎないのに…」

 そんな意見に小野田は少し考えて言った。「自分が書き込んだことがコピペした(写した)知識であることは分かっているけど…ネットの楽しさが優先してしまうんです」(敬称略)=第1部おわり

 (この連載は将口泰浩、安藤慶太、小川記代子、赤堀正卓、池田証志が担当しました)

ひろしのブログ
債務整理マスター
債務整理
現金化
クレジットカード現金化 還元率

「出会いを大事に」震災で犠牲の神戸大生の母、小学生らに講演(産経新聞)

 阪神大震災で神戸大生だった一人息子を亡くした加藤りつこさん(61)=広島市安佐北区=が、震災から15年となる17日を前に、被災地で小学生らへの講演を相次いで行う。息子が生前、りつこさんにあてて書いた手紙は「親愛なる母上様」という曲にもなり、その曲を通じた新たな出会いが今のりつこさんの支えとなっている。「息子が残してくれた手紙をきっかけに、多くの出会いがあった」。りつこさんは講演を通じ、人は出会いによって支えられていることを震災を知らない世代にも伝える。

  [フォト] 「くの字」に崩れた貴光さんの下宿先(1995年1月17日)

 国連職員を目指していたりつこさんの長男、貴光さん=当時(21)=は、神戸大法学部2年だった平成7年1月、下宿先の兵庫県西宮市のマンションが全壊し、亡くなった。一人息子を失ったりつこさんを支えてきたのが、入学式直前の5年4月、下宿先を訪ねたりつこさんのコートに、貴光さんがそっとしのばせた手紙だった。

 《あなたが私に生命を与えてくださってから、早いものでもう20年になります。これまでに、ほんのひとときとして、あなたの優しく、温かく、大きく、そして強い愛を感じなかったことはありませんでした》

 《私はあなたから多くの羽根をいただいてきました。人を愛すること、自分を戒めること、人に愛されること。この20年で、私の翼には立派な羽根がそろってゆきました。そして今、私はこの翼で大空へ翔(と)び立とうとしています》

 ノート1枚に、ボールペンで記されたきちょうめんな字がびっしりと並ぶ。手紙は「あなたを母にしてくださった神様に感謝の意をこめて」と結ばれていた。「まるで遺書みたい…」。震災後、何度読み返しても涙があふれた。

 だがその手紙が、りつこさんに新たな出会いをもたらした。

 手紙に心を動かされたミュージシャン、奥野勝利さん(35)がメロディーをつけ、自身のホームページで発表。19年11月に偶然、曲の存在を知ったりつこさんは、奥野さんと交流を深めるようになった。奥野さんは貴光さんと同学年。「息子が引き合わせてくれたのかな」と、今ではその音楽活動を舞台裏で支えることが生きる糧になった。

 貴光さんを失ってから15年となる今年、りつこさんは奥野さんとともに壇上に立つ。13日午後0時10分から神戸大六甲台講堂で入場無料の追悼コンサートを、14日には宝塚市立長尾小で防災学習の一環としての講演会を行う。「人は人を傷つけもするが、人を救えるのも人。出会いを大事にしてほしい」。りつこさんはそう訴えるつもりだ。

【関連:阪神大震災から15年】
鎮魂イベントも“曲がり角”「地域団体が枯渇している感が…」
雇用創出も地元置き去り「行政は復興のターゲット見誤った」
夢の中、くずれさった台所…当たり前のことに感謝
震災経て「生かされている」…遅咲きファイター、K-1に挑む
被災者への配慮欠くと「防災のしおり」回収へ 東大阪市教委

もも吉
たいぞうのブログ
2ショットチャット
ライブチャット
クレジットカード現金化

<丸ノ内線>ぼや騒ぎ マンホールに落ちたタバコが原因?(毎日新聞)

 10日午後11時ごろ、東京メトロ丸ノ内線池袋-新大塚間を走行中の池袋発荻窪行き電車の運転士から「トンネル内が焦げ臭い」と、同社総合指令所に報告があった。東京消防庁などによると、現場の上に同社のケーブルが敷設されているが、そこにつながるマンホール内の綿ぼこりから火が出ており、すぐ消し止めたという。この影響で同線は同11時11分から9分間、池袋-荻窪間で運転を見合わせ、約1800人に影響した。

 同社によると、マンホールの穴から火がついたたばこが投げ捨てられたことが原因とみられるという。【馬場直子】

t0xc7nswのブログ
かずまさのブログ
競馬情報
カードでお金
ネイルサロン

<藤井財務相辞任>近く手術の予定 政府高官明かす(毎日新聞)

 政府高官は6日夜、体調不良で辞任する藤井裕久財務相が近く手術を予定していることを明らかにした。詳しい病状などは不明だが、高官は「(病気で)手術するようだ」と語った。鳩山由紀夫首相らは藤井氏の辞任が体調不良によるものだと強調している。

【関連ニュース】
藤井財務相辞任:後任は菅副総理 仙谷氏が国家戦略相兼務
藤井財務相辞意:首相、検査結果次第で慰留断念も
藤井財務相:辞任へ 政権に痛手
藤井財務相:辞意伝える 首相は慰留
藤井財務相:体調不良で検査入院

楽園を見つける為に
a5x9kyoeのブログ
パチンコ攻略
クレジットカード現金化 即日
債務整理

菅副総理 ポスト鳩山レース 財務相就任は大きな賭け(産経新聞)

 「ポスト鳩山」候補の最右翼と目されてきた菅直人副総理にとって、今回の財務相就任はもろ刃の剣となりそうだ。財務相は「実質的に一番重みのある閣僚」(政府高官)であり、形式上の閣内ナンバー2である「副総理」と「財務相」の兼任は、首相就任待ちポストとしては、これ以上は望めないほどのポジションと言える。その半面、財務相は国会で追及を受けやすい役回りでもある。財政政策で失敗すれば責任を問われるリスクも負う。首相ポストを狙う菅氏には、次の一歩に向けた大きな賭けとなる。

 ≪官僚に宣戦布告≫

 「大臣とは役所の代表ではなく、国民が役所に送り込んだ国民の代表だ。財務省が国民のために働く役所となるために就任した」

 7日、財務省内での初の記者会見で、菅氏はいきなり財務官僚への「宣戦布告」の言葉を投げつけた。

 伏線は6日夜にあった。菅氏が首相から次期財務相を言い渡された直後、財務省幹部はさっそく菅氏に面会を要請。しかし、菅氏は「まだ財務相に就任していない」として拒否した。7日朝も記者団に「お役人に取り込まれる感覚は全くない」と言い切った。

 官僚ににらみを利かせる言動は、「次」への意欲の表れ-と周囲はみている。今回、就任した財務相に加え、経済財政担当相も兼務することになった菅氏だが、自身が最もこだわる肩書が、閣内全体を統括できる「副総理」ポストだ。

 「この部屋は副総理の部屋だよな。国家戦略担当相の部屋じゃないよな」

 こう言って、菅氏は6日夜に首相官邸で周辺に聞こえるように「居場所」を確認。官邸内に居座るための部屋の確保に執着をみせた。7日の会見でも「副総理として内閣全体のことについても首相を支える立場で十分に目配りをしていかなければならない」とわざわざ言及した。

 ≪リーダーの自覚≫

 ただ、表向きの菅氏は、「ポスト鳩山」への意欲を出さない。側近は、平成18年4月の小沢一郎代表(現幹事長)就任とともに党代表代行に就任してから、「菅氏は変わった」と説明する。小沢氏や当時幹事長だった鳩山首相を支える下働きで「目立つだけがリーダーではないことを覚えた」(側近)という。

 しかし、もともと自尊心が強く、15年秋には、政敵とも言えた小沢氏率いる自由党との「民由合併」を党代表として主導したように、目的のためには手段を選ばないリアリストの側面も持つ。周囲には「鳩山政権を4年間支える」と語るが、ポスト鳩山への意欲があるのは間違いない。

 ≪小沢氏との距離≫

 問題は圧倒的な存在感を示す小沢氏との距離感だ。小沢氏と反目すれば首相の座は遠のき、意向を尊重しすぎれば、「小沢支配」のコマで終わる。

 財務官僚の面会を拒んだ菅氏は6日夜、小沢氏には電話で就任内定のあいさつを試みた。連絡はとれなかったが、2人は近く囲碁を打つという。菅氏は小沢氏との関係の重要性を十分意識しているようだ。(酒井充)

g9kbr60eのブログ
たつひこのブログ
債務整理無料相談
出会いランキング
クレジットカード現金化

首相動静(1月7日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。(了)

m14163neのブログ
としゆきのブログ
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 還元率
クレジットカードのショッピング枠を現金化 

ポケットに右手でけん銃偽装のコンビニ強盗未遂 「警察呼べばいいじゃないか」で逮捕(産経新聞)

 拳銃(けんじゅう)所持を装い、コンビニの売上金を奪おうとしたとして、警視庁築地署は4日、強盗未遂の現行犯で、東京都江戸川区船堀、指定暴力団沖縄旭琉会系組員、真境名(まじきな)渉容疑者(30)を逮捕した。同署によると、真境名容疑者は「金が欲しかった」と容疑を認めている。

 同署の調べによると、真境名容疑者は4日午前3時35分ごろ、中央区銀座のコンビニエンスストアで、男性アルバイト店員(25)に対し、ジャンパーの右ポケットに入れた右手の人さし指を突き出して拳銃を持っているよう装い、「おれは強盗だ。金を出せ。レジを開けろ」と脅して金を奪おうとした疑いが持たれている。

 別の男性店員(52)が「警察に通報していいですか」と話したところ、真境名容疑者が「呼べばいいじゃないか」と応じたため、男性が110番通報した。署員が駆けつけた際、真境名容疑者は金を支払って店内のおでんを食べていたという。

【関連記事】
「マネー、マネー」和風居酒屋に覆面強盗 栃木
拳銃?突きつけ6万円奪う 栃木でコンビニ強盗
横浜、川崎のコンビニなどで強盗相次ぐ 
コンビニ強盗が拳銃? 突き付け7万円奪う 埼玉・幸手
「生活費が底をついた」…コンビニ強盗容疑で男逮捕

クレジットカードの選び方
かなめのブログ
パチンコ攻略
クレジットカード現金化
競馬サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。